交通事故で遺族が加害者の厳罰を望む場合

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故の遺族ですが、加害者の厳罰を望んでいます

17

【質問】
3か月前に、小学生の息子を交通事故で亡くしました。
いつも通り小学校に登校しただけなのに、居眠り運転をした自動車に後ろからはねられたのです。

自動車を運転した加害者は近所の妻や子供もいる男性で、「夜勤明けで眠くて居眠りしてしまった。」と言っています。
自分にも亡くなった息子と同じ年頃の娘がいるはずなの、葬儀にも来なかっただけでなく、一度たりとも加害者から謝罪を受けたことがありません。
にもかかわらず、加害者は自宅に帰ってきていて、家族そろって外出している所すら見かけます。

私なりに調べてみたのですが、交通事故で被害者が死んでも最高刑は懲役7年で、しかも死亡事故でも交通刑務所に入るのは1%くらいしかなく、99%の死亡事故の加害者は執行猶予がついて普通に生活ができている事実を知りました。

私としてはすぐにでも刑務所に入ってもらいたいぐらいなのですが、それがかなわないのはわかっているので、出来うる限りの厳罰を司法の場でくだしてもらいたいと思っています。

どうすれば、被害者遺族が加害者に対して厳罰を与えることができるのでしょうか?

【回答】
交通事故でも死亡事故の場合は刑事事件となるため、刑事裁判が行われます。
その際には被害者の遺族からの意見を述べる場が設けられることもあり、その場で裁判官に加害者の厳罰を訴えることができます。

しかし、訴え方を間違ってしまうと厳罰化どころか、逆効果となってしまいかねません。
加害者に掴みかからんばかりの勢いで、吠えるように大声を上げるようなことをすると、裁判官の心証が悪くなってしまいます。
逆に、悲しみをこらえながら切々と息子を亡くした心情を陳べて、最後には涙声になっている姿の方が、子供を亡くした心情を適切に訴えることができるのが分かると思います。

これ以外にも、裁判官に厳罰を求める遺族からの書類の作成や、加害者からの謝罪が一切ないことの証明などを出すと効果的なのですが、一般人である被害者の遺族にそれだけの知識があることは皆無であるため、弁護士からのアドバイスを仰ぐ方が、より厳罰化した判決となりやすくなります。

特に裁判の前に保険会社との示談が済んでいる罪が軽くなる傾向があり、加害者側の弁護士はそれを狙って示談を推し進めてくることがあります。
しかし、被害者遺族が厳罰を望む場合には、判決がおりるまでは示談に応じないようにした方が良いです。
示談に応じないからと言って、損害補償金の金額が下がるわけではありませんが、請求権の時効が迫ってくることもありますので、弁護士に相談をして時効の停止や民事裁判の提訴などをしてもらうようにしましょう。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A