病院か整体院…むち打ちの治療はどちらですべき?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

むち打ちの治療には病院か整体院かどちらがいいですか?

5

【質問】
先日、一時停止線で停車して左右確認していたところ、後続車に追突されました。

追突された衝撃から首に違和感があり、交通事故の現場から救急車で病院に搬送されました。
診断の結果、頸部捻挫、つまり、むち打ちと診断されました。
交通事故翌日の朝には、首が動かせないどころか少しの振動でも激痛がはしるため、もう一度病院に行きました。
しかし、湿布と痛み止めの飲み薬しか処方してくれず、痛みは少しも引きません。

その時ふと、会社の同僚が通っている整体院のことを思い出しました。
会社の近くにある整体院なのですが、同僚の何人かが通っており評判はいいようです。
以前に交通事故でも保険を使って治療が出来るとも聞いており、整体院に通院しようかとも考えています。

交通事故のむち打ちの治療の場合、病院がいいのか、治療効果が高そうな整体院がいいのかどちらが良いのでしょうか?

【回答】
むち打ちの治療に関する質問では、「交通事故の治療に整体院は使えないの?」「整体院に通いたいけど、病院が許可してくれない」といったものもあります。

まず、整体院で交通事故によるむち打ち治療を受けることはできます。
よく、「整体院や接骨院では交通事故の治療が受けられない」と言われていますが、正しくはありません。
厚生省などでも禁止令を一度も出したことがなく、厚生省も「正式に禁止をしたことがない」とサイトに掲載しています。

また、病院が整体院への転院を許可しない場合にも、患者には病院を自由に選ぶ権利があるため、整体院への転院はできます。

むち打ち治療の完了時には、医師の診断書に類似した施術証明書の発行を、整体院でもすることができます。

これだけをみれば、治療効果の高そうな整体院が良いと思えますが、実際にはいくつかの問題をはらんでいます。

整体院は施術者の技量により効果が大きく変わるため、病院よりも優れた治療が受けられるとは限らないという点です。
そのため整体院での施術により、むち打ち症状が悪化する可能性もあります。

また、レントゲンやCTなどの機材がない整体院が多いため、病院のようにCT画像で回復具合を確認できないと言うことがあります。

一番大きな問題としては、交通事故の後遺障害が残ったとしても、整体院では後遺障害診断書が書けないため、むち打ちで後遺障害の認定を受けたい場合に困ると言うことがあります。
病院としてもいきなり来た患者に、後遺障害認定の診断書を書いてほしいと言われても、治療の経過を確認できないので、後遺障害診断書の発行を拒否することがほとんどになります。

そのため、病院・整体院のどちらがいいかと言うことではなく、治療方法や後遺障害認定のことも考えて選ぶようにしましょう。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A