後遺障害の認定で非該当。再審査してもらうには?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

後遺障害の認定がされませんでした。再審査してもらえる?

8

【質問】
6カ月前に、信号待ちをしている時に追突事故に遭いました。
事故直後から首が痛く、事故当日に病院に行ったところ頸部捻挫、むち打ちだと診断されました。

2カ月間治療を続けたのですが、痛みがひどく肩もあがらない状態であるのに、保険会社から治療費の打ち切りを言われました。
そのため、その後の週1回の通院は自費で行い、症状固定の書類を保険会社に出して、むち打ちを後遺障害認定してもらおうと思いました。

しかし、結果は後遺障害認定非該当で、一番下の14級すら通りませんでした。
保険会社に抗議したのですが、「後遺障害の認定をするのは保険会社ではなく、損害保険料率算出機構という第三者機関がするため、保険会社の方で変更できません。」と言われました。

後遺障害認定の再審査をしてもらうのは出来るのでしょうか?

【回答】
交通事故の示談の争点の一つに、後遺障害認定があります。
「後遺障害の等級が思っていたより低かった。」「後遺障害認定をしてもらえなかった。」と言うものです。

自賠責保険の後遺障害認定は、損害保険料率算出機構が提出された書類を審査して決められます。
後遺障害認定の決定に対して不満がある場合には、再審査をしてもらうことができます。
この再審査を「異議申し立て」といい、異議申し立てをする際には新たに書類が必要になります。

異議の申し立てをする際には、前回提出した医師の診断書や書類では後遺障害が認められない、もしくは低い等級でしか認めないと言う事ですので、交通事故で負った後遺症がいかに日常生活に支障をきたしているかを訴える必要があります。

また、後遺障害認定で一番重要なのが医師の所見です。
むち打ちの症状で後遺障害14級が認められないのは、CTやMRIなどの画像所見で脊椎や脊髄などの損傷が認められず、医師から見てむち打ちの症状が重大ではないと判断したからです。

一般的にむち打ち症状で、画像所見で脊椎や脊髄などの損傷が認められる場合には12級が認められます。
14級に認定されるのは、画像所見などがなく医師が「交通事故を起因とするむち打ち症状が後遺症として残っている」と、症状や判断するに至ったプロセスを詳細に記載しているからです。
そのため、再審査をしてもらう際には、再検査を受けて頸部の損傷部分を見つけるか、医師の所見を詳細に書いてもらう必要があります。

再審査により後遺障害等級の変更があるのは、わずかに10%ほどにとどまるため、再審査の書類作成には交通事故に精通した弁護士の力を借りる方が良いでしょう。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A