事故の相手がレンタカーの際はレンタカー会社にも請求可能?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

事故の相手の自動車がレンタカー。レンタカー会社にも請求できる?

7

【質問】
自動車を走行中、後続車の運転がふらふらと危なっかしく思っていたのですが、赤信号で停車中に追突されました。
ノーブレーキだったらしく、自動車の後部は大破して、私もガラスによる切り傷と頸部捻挫を負いました。

警察が来て加害者に事情聴取をしていたのですが、加害者は免許取りたての大学生で、自動車はレンタカーとのことでした。

病院に行くので加入している自動車保険を教えてほしいと加害者に言ったのですが、加害者や加害者家族も自動車を保有していないので、自動車保険には加入していないと言われてしまいました。
自動車修理に数十万掛かる上、治療費もどれだけかかるかわからないため、ちゃんと加害者が支払ってくれるか不安で仕方がありません。

以前、ニュースで運転手だけでなく自動車の所有者にも交通事故の責任があると聞いたことがあり、レンタカーの所有者であるレンタカー会社に請求しようかと思います。
相手方がレンタカーの場合、レンタカー会社に交通事故の損害賠償請求をすることができるのでしょうか?

【回答】
交通事故を起こした自動車の運転手と自動車の所有者が異なる場合、自動車の所有者も交通事故の責任を負うことがあります。
そのため、普通でも紛争が起きやすい加害者との交渉が、さらに複雑化することがあります。

しかし、レンタカーの場合、「レンタカー会社は、貸した顧客が起こした交通事故の損害賠償の責を負わない」との判例もあり、レンタカー会社に請求できるかどうかは微妙な所だと言えます。
ですが、レンタカー会社によっては「顧客の交通事故に関して、保険会社を利用して損害賠償をするとしている」としているところもあるため、こればかりは問い合わせしてみなければ分かりません。

それよりも、加害者本人が自動車保険に加入している可能性があるため、そちらから調べる必要があります。

どういう事かというと、たまに運転する人向けに1日や数日間だけ契約者の運転時の交通事故の補償をする、スポット的な自動車保険があるからです。
レンタカーなどでは、レンタル費用の中にそのような保険金額が含まれていて、加害者本人が気づいていないうちに保険に加入している可能性もあります。

そのため、加害者にレンタカーの契約書の確認をしてもらい、もし保険に加入しているようであれば、レンタカー会社を通じて保険会社に連絡をしてもらうと良いでしょう。
加害者が契約内容を把握していないようであれば、直接レンタカー会社に電話をして確認するという方法もあります。

どちらにしても、まずはレンタカー会社に連絡を取るのが先決だと言えます。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A