むち打ちでの後遺障害等級認定手続きのすすめ方とは

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちの後遺障害等級認定手続きの流れとはどんなもの?

11月むち打ち

むち打ちの後遺障害等級認定手続きの流れとしては、まず医師に後遺障害診断書の作成を依頼します。
症状固定をするタイミングは基本的に医師の考えに従うべきです。

後遺障害診断書の内容は医師によってばらつきがあるのが注意点となります。
簡潔であっても的を得た内容であれば問題ありません。
症状を医学的にちゃんと説明しているかどうかが重要になります。

また、後遺症に至ったプロセスの記載も必要です。
医師の考えを推測し、失礼のないようにお願いすれば、足りない情報を補足してもらえるでしょう。

事前認定の手続きでは作成した後遺障害診断書が任意保険会社から損害保険料率算出機構の調査事務所へ送付されます。
事前認定とするか被害者請求とするかについては被害者が自由に選択可能です。

事前認定の手続きでは、後遺診断書を医師に書いてもらって送付するだけです。
被害者請求の手続きでは自賠責保険の請求書類を用意しないといけません。
後遺障害等級の認定結果は申請した保険会社から郵送で通知され、等級認定された場合は数日以内に自賠責保険金が支払われます。

納得できない場合は異議申し立てを行う

むち打ちの後遺障害等級認定が非該当であった、あるいは予想していた等級ではなかったなどの場合は異議申し立ての手続きを行うことで、後遺障害等級認定に再チャレンジすることも可能です。

しかし、なぜ求めている認定結果とならなかったかの精査をしないといけません。
客観的な資料を追加で提出するのが基本となります。

ただ、症状固定後の対策では手遅れになってしまう場合もあります。
この点を考慮するのなら、交通事故に遭いむち打ちとなった直後に弁護士に相談をしておくのがベストです。

弁護士に依頼すれば、後遺障害等級認定に必要な書類を抜かりなく用意してくれて、医師に診断書の書き方を正してもらうこともできます。
どの等級に認定されるかによって今後得られるお金が大きく変わるのは間違いありません。

交通事故による怪我の結果で後遺症が残っていることを客観的に示すのは簡単ではありません。
後遺症の存在が医学的に認められる必要があるため、説明ができないと後遺障害等級は認定されることはないです。

むち打ちの場合は見た目で障害の存在が明白ではない場合もあります。
選択ミスが理由で本来認定されるべき後遺障害等級が認定されないこともあるため、早い段階で後遺障害に詳しい弁護士に依頼してサポートを受けるかが重要です。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち