むち打ちとなった場合の弁護士費用特約について

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちの慰謝料請求に弁護士費用特約は使える?

むち打ち4

交通事故でむち打ちとなった場合、加害者にしっかり慰謝料を請求し、なおかつ増額を図るのであれば、弁護士に依頼するのが望ましいです。
自賠責保険や任意保険の基準とは違い、弁護士基準で請求する方法が、もっとも多額の慰謝料を見込める方法です。

ただ、弁護士を雇うにしましても、着手金や相談料、報酬金などの金額が発生するとなると、結果的に大した増額は見込めないのでは?と思うかもしれません。
そういったケースに役立つのが弁護士費用特約です。

弁護士費用特約は、交通事故で被害者となった時、損害賠償を行う際にかかった弁護士費用を補償してもらうものです。
自動車にかけている任意保険の弁護士費用特約は、交通事故以外のトラブルで使用することができませんので、まさに交通事故でむち打ちを負ってしまったシチュエーションなどは、使い道であると言えます。

弁護士費用特約を適切なタイミングで利用

むち打ちでよくあるケースとして「もらい事故」があげられます。
例えば後続車からの追突事故で、加害者と被害者の過失割合が10:0となるものです。
この場合、被害者は加害者に対して損害賠償を請求しますが、自身に過失がないと、加入している保険会社は加害者との交渉に応じてくれません。
すなわち、自身で加害者側の保険会社と示談交渉しなければならないのです。

このような状況においては、加入している保険会社に確認をとってから、弁護士費用特約を利用して弁護士を雇うのが良いでしょう。
特に被害者に過失のないもらい事故の場合、加害者は過失割合に納得せず、話がこじれる場合があります。
まさにこれが弁護士費用特約を利用する適切なタイミングと言えます。

また、むち打ちは症状によって、後遺障害等級14級9号や12級13号を認定できる可能性があります。
しかし、後遺障害等級の認可をもらうのは決して容易ではありません。
むち打ちのような症状の場合、特に認可の可否が重要ですので、交通事故に強い弁護士にお願いするべきです。

もちろん、すべての状況において利用できるとは限りませんので、加入している保険会社に確認を取ることは欠かせません。
しかし、弁護士費用特約が使える状況であれば、迷わず利用するべきでしょう。
弁護士費用特約を利用すれば、費用倒れになってしまう心配がありませんので、積極的に利用するべきです。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち