整体院でむち打ちを治療した方が良いこともある?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

むち打ちの治療に整体院が効果的なケースとは?

むち打ち3

交通事故でむち打ちとなった時に、「病院に行くよりも整体院に行ったほうが早くよくなる」と言う人もいます。
特に普段から腰痛や肩こりなどで整体院を利用している人からは、そのような意見が聞かれるのですが、むち打ちの治療には一般の病院よりも整体院が優れているのでしょうか?

そもそも、むち打ちは筋肉組織の損傷によって痛みが発生することが多いため、鎮痛剤で痛みを抑えながら、自己修復による筋肉組織の回復を待つというのが一般的です。
そのため、整体院でのマッサージは血行が良くなることにより自己修復が早くなるという効果が望める一方で、傷ついた筋肉組織に負担をかけて悪化させる可能性もあります。

整体院では整体師の技術力の差が大きく、肩こりなどの血行不良による痛みに対しての技術力はあるが、交通事故によるむち打ちの治療はあまりしたことがないといった整体師であれば、むち打ちの治療として通院するのは向かないという事もあります。

骨のズレに対しての治療には有効な場合も

むち打ちの原因は筋肉組織の損傷以外にも、首の骨のズレや、骨のズレによる神経の圧迫が原因のケースもあります。
この場合にはズレている骨を正しい位置に戻すことにより、ズレによる痛みや圧迫されている神経が開放されて痛みが軽減することがあります。
「交通事故によるむち打ちの治療で整体院に行ったら、1回の施術で治った」というようなケースがこれに当たることが多いです。

一般的な病院では、首の骨に歪みが見つかった場合には、静養という形で自然回復を待つか、牽引機でまっすぐ引っ張るというのが多いため、骨の歪みを直接的に治すという事は整体院に比べて少ないと言えます。
そのため、一般的な病院では「そんなに大きく歪んでいる訳ではないので、湿布を処方して自然回復を待とう」と診断しても、実際にはその小さな歪みがある箇所の神経が圧迫されていて、痛みがいつまでたっても治らないという事もあり得ます。

では、整体院を利用するのはどのような場合がいいのかと言うと、交通事故から1週間程度経過しても痛みが引かないというケースです。
筋肉組織の損傷であれば1週間もすると修復されて痛みが軽減されるため、それ以上たっても痛みがなかなかひかない場合には頸椎の歪みが原因かもしれないので、その時点で一般の病院と並行して整体院に通院するのが良いと言えます。

ただし、一口に首の骨の歪みと言っても、手術による神経圧迫の解放でしか治療出来ないものもあるため、医師と相談の上で整体院に通院するか決めたほうが良いでしょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち