むち打ちで認められる治療期間はどのくらい?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

むち打ち

裁判所が認めるむち打ちに対する治療期間の最大は?

むち打ち1

むち打ちの症状は、軽症ならば1週間もかからずに完治しますが、重いものとなると1カ月、2カ月と治療期間が長引くこともあります。
被害者からすれば、「むち打ちの症状が完治するまでは、ちゃんと治療を続けたい」と思いますが、加害者、特に保険会社からは2週間~1カ月ほどで治療費の支給を打ち切ってきます。

むち打ちを医学的に分類すると、「首の筋肉の捻挫」に当たります。
足の捻挫の場合、軽いくじきならば2~3日、きつい捻挫であっても2~3週間で完治することが多いです。
それ以上に完治まで期間がかかるのは、靭帯に損傷があったり、骨にひびがあったりと、筋肉組織の損傷以外に原因があることがほとんどです。

そのため、むち打ちの症状だけであると医師が診断した場合には、保険会社も交通事故の状況が軽微であれば1週間、大きな事故の場合でも1カ月もすると完治、すなわち治療費の打ち切りを言ってくるのです。

裁判では2~3カ月までを認めるものが多い

しかし実際問題、交通事故でむち打ちを負った患者の中には、半年以上たってもむち打ちの症状を訴える方もいます。

そうなると、被害者と保険会社とで治療費の支払いを巡り、紛争が起こることが多いです。
最悪、裁判までいくことがあるのですが、むち打ちの症状だけを訴えての裁判である場合、裁判所は最大として2~3カ月をむち打ちの治療期間とみなすことが多いです。

例えば、むち打ちの症状を訴えて半年通院をしていたとしても、裁判所が「2カ月の治療期間で完治しているのが妥当な受傷」と判決を下してしまうと、2カ月分の治療費は支払われても、残りの4カ月分は自己負担となってしまうということになります。

しかし、画一的にむち打ちに対する治療期間の上限を2~3カ月としているわけではなく、患者の症状によっては2年以上の治療に関しても認めた判例もあります。
とはいえ、頸部の不快感のみでそういった判決が簡単に出るわけではなく、「常時めまいが起きる」「起立時に吐き気が生じる」「排尿障害がある」「交通事故後にEDとなった」など、その他の重度な障害が同時にないと、認められることはほとんどありません。

そのため、むち打ちの症状のみで相談した際に、「裁判すれば勝てます」「弁護士から保険会社に話をすれば、治療費を支払ってもらえます」と、簡単に発言するような弁護士には要注意です。
交通事故に詳しい弁護士であれば、今までの判例も知識として持っているため、それに沿ったアドバイスをするので、簡単に裁判を勧めてくる場合には警戒をした方が良いでしょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOMEむち打ち