死亡事故で弁護士に依頼すると増額する慰謝料について

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故における慰謝料と弁護士に依頼した場合の例について

死亡事故

交通事故による死亡事故の慰謝料は家庭内での役割をもとに計算されることになります。
自賠責基準の場合は被害者本人で一律350万円です。
遺族1人の場合は550万円、2人の場合は650万円、3人以上の場合は750万円です。
また、被扶養者がいる場合はさらに200万円加算されます。

任意保険基準は一家の支柱の場合1700万円、母親や配偶者の場合は1400万円、その他の場合は1250万円~1450万円です。
自賠責基準と任意保険基準ではすでに大きな金額差があるのが分かるはずです。

そして、弁護士基準は一家の支柱の場合2800万円、母親や配偶者の場合は2500万円、その他の場合は2000万円~2500万円です。
家庭内での役割に関係なく、弁護士基準の慰謝料を受け取るべきといえます。

しかし、ご遺族だけで保険会社と交渉しても弁護士基準で慰謝料を受け取るのは難しいです。
死亡事故の慰謝料相場を知っていないと、低い慰謝料しか受け取れないかもしれません。
大切な家族を失った悲しみはお金では癒えることはないものの、慰謝料は適正なものを受け取るべきであり、弁護士への依頼を考慮した方がよいでしょう。

慰謝料増額以外のメリットについて

死亡事故で弁護士へ依頼すると慰謝料増額というメリット以外にもメリットはあります。
保険会社との交渉や民事裁判の提訴、加害者の刑事事件裁判などの対応すべき事柄は少なくありません。
大切な家族を亡くされたなかでは心身ともに疲弊している状態でしょう。
弁護士に依頼した場合はすべてにおいての交渉を一手に引き受けてくれます。
葬儀や今後の生活のことなどに専念することができます。

また、弁護士に依頼して被害者参加制度を利用することで、刑事裁判への積極的な関与ができるようになります。
死亡事故の刑事裁判では、加害者と検察官が法廷の中心となってしまい、被害者のご遺族があまり関与できないことも少なくありません。
加害者を許せない気持ちが強いのに、あまり関与できないのは大きな不満につながるはずです。

多くの慰謝料を受け取ることができる以外にもこのようにメリットはあります。
無料相談を行っている法律事務所も少なくありません。
任意保険で弁護士費用特約に加入している場合は、着手金や報酬を保険会社が負担してくれることもあります。
弁護士に依頼するかどうかは別としても、まずは相談をしてみるのがよいでしょう。
どれぐらい弁護士費用がかかるのかという点も把握できます。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故