死亡事故において近親者慰謝料を請求するメリット

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故の近親者慰謝料の請求によって変化する慰謝料の総額

死亡事故23

死亡事故は被害者が他界して不在の状態で、被害者の権利を相続した相続人が損害賠償請求をします。
ここで言う相続人とは、遺言により財産を受け取ることができる受遺者ではなく、法律によって定められている、被相続人の財産を受け取る権利を持つ近親者です。

たとえば、死亡事故の被害者に祖父母、父母、配偶者、子どもがいた場合、相続人は配偶者と子どもです。
被害者の損害賠償請求について争う場合、相続人のうちの一人が代表者となって加害者と話し合うのが一般的です。

しかし、近親者慰謝料は、死亡した被害者の相続人でなくても請求できます。
近親者慰謝料とは、亡くなった被害者と特に関係が深かった近親者が受けた精神的な苦痛に対する慰謝料です。
法律上は、近親者慰謝料の請求権を持つのは、父母、配偶者、子であるとされていますが、実際には援用解釈により、それ以外の親族でも近親者慰謝料の請求が認められることがあります。
ただし、死亡した被害者と生前に親しくしていて、死亡したことにより大きな精神的苦痛を受けたことを証明する必要があります。

慰謝料は請求者が何人いても同額?

相続人であるかどうかにかかわらず、被害者が死亡したことによる精神的苦痛に対する損害賠償として近親者慰謝料が定められています。
しかし慰謝料は、死亡した被害者に対する慰謝料と近親者に対する慰謝料の総額で計算されるので、慰謝料を請求する近親者が何人いても、慰謝料の総額は変わらないという理論が成り立ちます。
つまり近親者慰謝料は、慰謝料の総額から人数に応じた配分をするので、1人あたりが受け取る金額が変わるだけなのです。

では、近親者慰謝料は請求する意味がないのでしょうか?
いいえ、近親者慰謝料を請求しても賠償金額が増えないので意味がないとは思わないでください。
慰謝料には定額がありません。
近親者慰謝料を請求することにより、陳述書や尋問で近親者がどのように感じているかを、裁判官に積極的に伝えることができるので、慰謝料を増額させる材料が増える可能性があるのです。
つまり、近親者慰謝料を請求することにより遺族の精神的苦痛の大きさを訴え、慰謝料を増額できる可能性があるのです。

死亡事故の賠償金には、医療費や葬儀費など、金額がはっきり決まっている積極的損害と、慰謝料のように話し合いによって金額が決まる消極的損害があります。
納得のいく慰謝料を受け取りたいと思っている死亡事故の遺族の方は、弁護士にご相談ください。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故