睡眠不足が原因で死亡事故に・・・罰則は?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

睡眠不足により死亡事故を起こした場合の罰則は?

死亡事故2

飲酒運転は運転自体が重大な法律違反で、死亡事故を起こした場合には懲役などの実刑が科されます。
そのため、飲酒運転による死亡事故の場合、自動車保険でも歩行者などの相手方に対しては補償しますが、運転手に対しては人身傷害特約など通常ならば支払われる保険金に対しても、支払われることはありません。

ですが、トラックやバスの事故で、「睡眠不足でぼーっとしていた」「過密勤務で疲れがたまっていて、前をよく見ていなかった」と言う場合にはどうなるのでしょうか?

一般的には安全運転義務違反に問われ、ぼーっと運転しているのも「漫然運転による前方不注意」とされますので、より過失割合を問われることになります。
「徹夜明けに運転していた」「毎日3時間ぐらいしか寝ていなかった」と言うような睡眠不足の状態は、「漫然運転による前方不注意の安全運転義務違反」で2点の減点となります。

飲酒運転の6~25点の減点からすると大幅に軽いように思われますが、睡眠不足で運転しているドライバーは飲酒運転のドライバーよりも何倍も多いと考えられるため、死亡事故に対する割合も高くなります。

ある調査では、睡眠不足での運転時の死亡事故の発生率は約6%と、通常の運転の5倍近いことが分かっています。

裁判の場合には加害者の過失割合に追加される

裁判でも、死亡事故当時のドライバーの体調が焦点となりますが、多くの場合でドライバーの過失割合の増加につながっています。

なぜならば、道交法第66条で「何人も、前条第一項(飲酒運転等)に規定する場合のほか、過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。」となっているからです。

厳密に言えば、睡眠不足や発熱、風邪など体調が万全でないのに運転することはできません。
高血圧や糖尿病による低血糖症もこれに当たるため、該当する人は驚くほど多いと言えます。
そのため、加害者の「仕事が忙しく睡眠不足で…」という言い訳は、自ら罪を重くしているのにほかなりません。

さらに、タクシーやトラック運転手で業務中の死亡事故であった場合には、加害者の会社に運行管理者責任を問うことができます。
会社は自動車を運転する従業員の事故に対して、同等の責任を負う責任があります。
そのため、バス会社などでは運行前に飲酒運転や健康チェックを行っているところが多くあります。

もし、示談で相手方が「睡眠不足で疲れていたので、事故を起こしたので、大見に見てもらえませんか?」と言うニュアンスで交渉してきた場合には、反対に「体調が万全でないのに運転するのは、道交法違反です」と反論することも可能です。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故