死亡事故後の相続放棄する場合の注意すべき点

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故時の相続の注意点、相続放棄する前にすべきこと

死亡事故2

家族が死亡事故にあった場合、病院へのご遺体の引き取り、葬儀の手配、役所などへの手続きなど、しなければいけないことが目白押しになります。
その中でも重要な問題が相続で、特に死亡事故の被害者に債務(借金)があった場合には、相続人が困る事となります。

遺産相続は、貯金や不動産などのプラスの遺産もあれば、借金などのマイナスの遺産もあります。
通常、借金を清算しても金銭や不動産が手元に残る場合にはそのまま相続しますが、貯金などよりも借金が多い、もしくは借金しかないと言った場合には、「相続放棄」と言う手続きをして、故人の遺産を一切相続しない手続きをします。

死亡事故では早急な相続手続きが必要

では、死亡事故の被害者に多額の借金がある場合には、相続放棄をした方が良いのかと言うと、一筋縄ではいきません。

仮に死亡事故の被害者をAとし、妻をB・子をCとします。
Aは時価1000万円の持ち家がありますが、同時に2000万円の借金があった場合、BとCは2000万円の借金を返済して自宅を確保するか、自宅を売却して残りの1000万円を返済しなければいけません。
もし子のCが相続放棄をすると、Bのみにそれらの相続が行きます。

この場合、通常ならばB・Cともに相続放棄をした方が良いのですが、相続放棄をしてしまうと死亡事故の請求権も放棄してしまうことになるため、加害者の保険会社から保険金を受け取ることができません。
そうすると、死亡保険金を受け取るために相続放棄をしない方がいいかというと、死亡事故の被害者の年齢や年収、過失相殺により、借金よりも多くもらえるとは限らないからです。

そうならないためにも、相続放棄する前に故人のプラスマイナス両方の遺産の調査をした上で、死亡事故の保険金がどのくらいになるか正確に計算する必要があります。

ですが、相続放棄をするのには期限があり、被相続人が亡くなったことを知ってから3カ月ですので、通常であれば死亡日から3カ月しかないことになります。
しかも、加害者の保険会社から連絡があるのは葬儀の一つの区切りの四十九日を過ぎてからになりますので、保険会社の連絡を待ってからでは1カ月ほどしか余裕がないことになります。

死亡事故の被害者家族の中には、事故直後に消費者金融の多額の借金が発覚し、あわてて相続放棄をしてしまい、後に死亡事故の保険金が受け取れないことが分かり、途方に暮れてしまうというケースがあります。
そういうことが起きないためにも、交通事故直後から弁護士に相談をして、相続・交通事故の示談交渉を同時に依頼する方が良いでしょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故