遷延性意識障害患者の自宅介護ですべきケアとは?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

遷延性意識障害

遷延性意識障害患者の自宅介護で必要となるケアについて

遷延性意識障害

交通事故で遷延性意識障害を負った被害者は、リハビリ主体の長期療養型病院は多くはないため、自宅での介護も視野に入れていかないといけません。
自宅介護を選択する場合は車いすに対応できる家屋の改造が必要です。
段差にはスロープを設置し、床は車いすの移動に耐えられる耐久性が求められます。
家屋の改造が可能かどうかをまずは業者に相談するのがよいでしょう。

痰の吸引や口腔ケアも重要になります。
痰の吸引は医療行為となり、医師や看護師から吸引のケアについての指導を受ける必要があります。
口腔ケアは口内細菌が減って肺炎のリスクが減少する理由になるものです。

排泄のケアも同時に行っていかないといけないケアになります。
週に2回ほどは排便するようにし、排便の際には肛門周辺をきれいに保って肛門周囲皮膚炎の予防に努めるのが大切です。

褥瘡のケアも大変であるのは間違いありません。
こまめに体位の変換をしていかないといけません。
体力面を考えると上体を起こすだけではなく、体を左右に向ける機能の付いたベッドを導入するのもひとつの方法です。

入浴のケアをするにしても、遷延性意識障害を負った人が安全に入浴できる設備を整える必要があります。
少なくとも3畳以上のスペースが必要であり、特殊な浴槽や設備が必要です。
室温や空調のケアをする場合は空気洗浄機の用意や24時間換気システムなどが整った部屋を用意しないといけません。

自宅介護を勝ち取るためには

遷延性意識障害における自宅介護と施設介護では賠償金に大きな差が生じます。
どちらを選択するかが重要な判断になるのは間違いありません。

保険会社は遷延性意識障害患者の余命年数は短いという主張をしてくることもあります。
しかし、寝たきりの状態でも健常者と同じように長生きすることは可能です。
ご家族で十分に介護をしていけることを客観的に示す必要があります。

介護のしやすい住宅に改造するとともに、職業介護人をうまく利用することで、遷延性意識障害患者のケアもくまなく行え、介護するご家族も十分な休息を取っていけます。
自宅介護を選択するにあたって、必要な資料を用意するために弁護士に依頼するのがおすすめです。

保険会社からすれば、自宅介護を選択した場合は賠償金が多くなるため、施設介護を選択するよう勧めてくる場合もあります。
事前に保険会社と対等に交渉していくためには準備が必要です。
自宅介護を勝ち取るために弁護士に依頼するのは適切な判断です。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME遷延性意識障害