遷延性意識障害と仮渡金

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

遷延性意識障害

遷延性意識障害と仮渡金制度について知っておきたいこと

遷延性意識障害1

交通事故で突然遷延性意識障害となった場合、一番大きな問題が当座の生活費や治療費になります。
加害者側が任意の保険会社に加入していたり、遷延性意識障害となられた方が人身傷害保険や搭乗者傷害保険に加入していた場合は、保険会社から治療費が支払われることとなりますが、自損事故であったり無保険車との事故の場合は、治療費は自己負担となる事が多いです。

遷延性意識障害の場合、怪我などによる入院と比べ入院費が高額となるため、高額療養費制度が活用できるケースであっても、入院費が20万以上かかることも稀ではありません。
そのため、家庭の収入の要である夫が交通事故で遷延性意識障害となった場合には、「収入が途絶えてしまった上に、毎月入院費が20万円以上かかり、300万円あった貯金は半年で底をついてしまった。」と言う事が現実として起こります。

交通事故当初から保険会社が介入し、治療費は直接保険会社に請求するといったパターンでも、遷延性意識障害の患者の生活費は必要となるので、保険会社との示談が成立して保険金が支払われるまでの生活費を確保する必要があります。

保険金の先払い「仮渡金」とは?

多くの方は「交通事故は怪我が完治するか症状固定をしてから示談が始まり、示談が成立したらやっと保険金が支払われる。」と思われています。
これは基本的には正解なのですが、実は被害者や被害者家族の救済のための仮渡金制度があります。

仮渡金制度とは、示談や和解が済んでいない交通事故であっても、被害者からの請求があれば保険金の一部を仮渡金と言う形で先払いしてもらえる制度です。
自賠責保険であれば、死亡の場合で290万円、傷害の場合は40万もしくは20万円の支給となります。
損害保険会社においても、仮渡金の制度を取り入れているところが多く、当座の生活費に困っているのならば、加害者側の保険会社に仮渡金の制度がないか確認してみると良いでしょう。

交通事故により遷延性意識障害となった被害者や被害者家族にとって、ありがたい仮渡金の制度なのですが、全くデメリットがないかと言うとそうでもありません。
1つが自賠責保険に仮渡金請求をする際には、書類を揃えないといけない事です。
どんな手続きでも書類が必要となるので、これは許容範囲内と言えます。

もう1つが、任意保険会社の仮渡金請求の場合、後の示談交渉で不利となることがあることです。
保険会社によっては仮渡金を受け取る際に、書類に署名押印を求められることがあるのですが、その中の条文に示談のことが書かれていたら要注意です。
「○月○日までに示談を行うことで同意した」などと書かれていた場合には、もし本格的な示談交渉となり補償金額に不満があり話し合いが長引いた場合でも、期日が来たらその内容で示談しなければいけない危険性が生じるからです。

そういった内容が書かれていない場合でも、保険会社の担当が「こちらも被害者の方がお困りのようですから、仮渡金として先払いして誠意を見せているつもりなので、示談に応じてもらえないですか?」と、弱みに付け込んだような発言で示談を加害者有利に進めようとするケースもあるため、注意が必要となります。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME遷延性意識障害