遷延性意識障害となり加害者と連絡がつかない時は

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

遷延性意識障害

遷延性意識障害となり、加害者と連絡がとれない場合には

遷延性2

被害者が遷延性意識障害となる事故の場合、加害者の刑事罰や行政処分は重くなる可能性が高いです。
さらに加害者の方が高い過失割合の場合には、遷延性意識障害の損害賠償金は莫大なものとなるので、加害者がその重責に対応できない事もあります。

「交通事故の加害者が夜逃げ同然でいなくなってしまい、治療費などがもらえなかった」という話も少なからず聞きますが、意図的に遷延性意識障害患者の家族からの連絡を避けるといったこともあり得ます。

交通事故の被害者や被害者家族からすれば、日々発生する治療費や家族が生活していくための生活費に関連してきますのでまさに死活問題と言えますが、請求どころか相談する先すらも分からず、交通事故の損害賠償金を1円も受け取れないまま、泣き寝入りといったケースも存在します。

被害を最小限にするためにも、加害者が交通事故の対応をしてくれない場合の対処方法を順を追って説明してみます。

最終的には被害者請求で

1.加害者自身に連絡する
加害者の連絡先が分からないという場合には、自動車安全運転センターに交通事故証明書を発行してもらいましょう。
事故報告書には加害者の住所や氏名のほかに、連絡先が書かれている場合もあるので、電話もしくは、郵便で連絡しましょう。
郵便での連絡の場合は、配達証明など相手に届いているか確認できる方法をとりましょう。

2.自賠責保険に連絡する
交通事故証明書には、加害者の氏名や住所以外にも、加害車両の状況や加入している自賠責保険が記載されています。
そこに書かれている自賠責保険の保険会社に連絡をし、「加害者と連絡が取れないので、直接被害者請求したい」と言えば、加害者を通さず自賠責保険とのやり取りで損害賠償金を受け取ることができます。

3.加害者が加入している自動車保険会社に連絡をする
本来ならば、2の自賠責保険に連絡する前に連絡するのが好ましいのですが、実際には難しいです。

任意加入している自動車保険を知るには、加入者である加害者や自動車の所有者に聞く必要がありますが、連絡が取れない場合にはいかんともしがたいのが現実です。
また、一個人で加害者が加入している保険会社を調べることは、個人情報保護などの点から難しいと言えます。

そのため、弁護士を雇って調査してもらうのが現実的です。

任意の保険会社も、自賠責保険と同様に被害者の直接請求を認めているため、加害者を通さず遷延性意識障害の患者の損害賠償請求を行うことができます。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME遷延性意識障害