脊髄損傷患者がキッチンを快適に利用するためには

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

脊髄損傷

脊髄損傷となり退院した後に困るキッチン事情とは?

10月脊髄損傷

交通事故で脊髄損傷を負われて入院された後、自宅に帰ってから日常生活を送られるのに、廊下やトイレ・お風呂などに手すりを取り付けたり、段差をなくしたりするリフォームを検討される方もいます。

脊髄損傷だと損傷個所によって障害の度合いがかなり違いますが、下半身まひで車いすを常時利用されていても、上半身は健常者と変わらず動かせるため、自立して一人暮らしされている方までいます。
そういった方が、退院して意外と困るのがキッチンです。
車いすのため、キッチンに対して平行に体を向けなければならず作業がしづらくなり、事故前は自炊されていた方などはかなりのストレスを感じます。
脊髄損傷を負ってから料理がしづらくなり、コンビニ弁当や総菜を買って食事を済ますという方も多くいます。

しかし、最近では車いすに対応したキッチンや、長時間立って作業するのが難しい人向けに座って作業できるキッチンもあります。
そういったキッチンの特徴としては、通常ならば鍋などの保管庫になるシンク下が解放されていて、テーブル状になっており、椅子や車いすが入れるようになっています。

リフォーム費用は少し高め

リクシルでは車いすに対応したキッチンを製造販売していますが、通常のキッチンよりも費用がやや高めで、収納個所も普通のものよりも少ないので、キッチン全体のリフォームも必要となり全体的に費用が高くなる可能性もあります。
また、車いすの高さに合わせたキッチン台の高さになるため、脊髄損傷患者家族からすると、台が低めで使いづらいというケースもあります。

しかし、脊髄損傷患者が以前のように生活できるというのは何物にも代えがたいので、リフォームをする際には検討すべきだと思います。
脊髄損傷が交通事故を起因とするものならば、加害者に対してリフォーム代を請求することができるケースもあります。

ただ、脊髄損傷患者や家族が希望するリフォーム内容を、加害者や加害者側の保険会社が納得するとは限りません。
交通事故前から一切家事をしていなかったとか、脊髄損傷の度合いが炊事できるレベルではない等であれば、車いすに対応したキッチンにリフォームする理由がないため、拒否される可能性が非常に高いです。
脊髄損傷となったのが専業主婦であったとしても、代わりの同居家族が炊事できる等であれば、加害者側も反対してくることもあります。

そのようなケースでは、事前に弁護士に相談をして、脊髄損傷患者の障害度合いやリフォームの必要性などを精査してもらい、リフォームは必要との意見をもらってから、弁護士を通して請求するとスムーズに行きます。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME脊髄損傷