脊髄損傷は画像所見がないと認められないの?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

脊髄損傷

画像所見がない場合には脊髄損傷は認められないのか?

脊髄1

脊髄損傷は、脊椎内の脊髄の一部もしくはすべてが断裂などして損傷している状態なのですが、目視で確認できる場所ではないため、レントゲンやMRIなどの画像が重要になります。

こういったレントゲンやMRI・エコーなどの医学的な画像の事を、「画像所見」と言い、画像所見は医師が患者の傷病や症状を判断する上で、重要な情報となります。
交通事故に限らず医療事故や労災の裁判などでも、傷病の証拠として大きな効力を発揮するのも画像所見で、裁判所も有力な証拠として認めています。

ですが、画像所見も万能ではなく、微小な脊髄損傷であれば画像に現れない場合もあります。
そのため、患者本人や医者は脊髄損傷の症状があることを認めていても、保険会社が画像所見がないことを盾に、脊髄損傷と認めない場合があります。

脊髄の組織の再生は今の医療技術では不可能であるため、完治不可能な傷病と言う事になります。
脊髄損傷であると認めてしまうと、「交通事故により後遺症が生じた」と認めることになり、結果として保険会社が支払う損害賠償金の金額が増えることになるため、保険会社は頑として認めたがらないのです。

画像所見がなくても脊椎損傷と認めてもらうには

画像所見がなければ脊椎損傷と認められないかと言うと、一概にはそうとは言えません。
なぜならば、「MRI等に映らず画像所見がなくても、症状や治療経過などから、脊髄損傷と認められる」「脊髄損傷の中には、MRI等に映らない症例のものがある」、との裁判所の判例が複数あるからです。

反対に医師の脊髄損傷の診断書があるにもかかわらず、脊髄損傷と認められなかった判例もあります。
脊髄損傷は、脊髄断裂が起こった即時に発症し、その後の症状は現状維持か回復となるのが普通です。
ある裁判では、交通事故直後に脊髄損傷の症状を訴えず、また入院中も外出や外泊をするほどであったにもかかわらず、退院が近づくにつれ体調不良を訴え始め、交通事故から数カ月経ってから画像所見がないにもかかわらず医師が脊髄損傷と診断した患者に対して、「通常の脊髄損傷の症状とは乖離している」と脊髄損傷を否定した判決がされています。

画像所見がない場合に脊髄損傷と裁判所に認めてもらうには、医師の所見だけでは足りないことが分かります。
そのため、脊髄損傷の認定に関して、保険会社と争うつもりであるのならば、交通事故、特に脊髄損傷の交通事故に関して精通している弁護士に依頼する必要があります。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME脊髄損傷