交通事故の示談交渉で弁護士を雇うメリットとは

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故の示談交渉でスムーズに対応する方法は?

8

【質問】
私が交通事故に遭ったのはつい1ヶ月前の事で、加害者の証言曰く、アクセルとブレーキを踏み間違えたため、私の車に追突してしまったとの事でした。

大事には至らなかったのですが、加害者の車のスピードが速く、私の車の後部はボロボロになってしまいましたし、交通事故の衝撃でむち打ちを負いました。
1ヶ月経った今でも、首を動かすと痛いですし、可動域が狭まっています。

それはともかく、私が不安なのは示談交渉です。
今回、交通事故に遭ったのが人生初めてであるため、正直どういう風に対応すれば良いのか分かりません。
経験のある友人からは、相手の保険会社とのやりとりが大変だったと聞きます。

軽く調べましたが、治療費や慰謝料に関する話をするとの事ですが、正直とても不安です。
というのも、加害者の人相があまり良い感じではなく、むしろ少し怖い人だったからです。

交通事故に遭った当時でさえ怖かったのに、今になってそういった人たちとやりとりをする事を想像すると、億劫でたまりません。
少しでも手短に、そして不安なく示談交渉をするにはどうしたら良いでしょうか?

【回答】
相手の保険会社とする示談交渉は、弁護士に依頼するとスムーズに事が進みます。
交通事故に強い弁護士にお願いすると専門知識があるため、被害者が主張するべき事は漏れる事なく伝え、正当な主張をしていけます。
また、質問者様が不安になられている加害者側とのやりとりに関しましても、弁護士が代行して対応してくれるのです。

弁護士に依頼すると、手短で確実な対応をしてくれるという点で、被害者にとって強い味方です。
そしてそれだけではありません。
加害者が納得いく形で終わるのではなく、被害者が納得した形で処理を進められるのが利点です。

大きなところで言えば慰謝料などの賠償金についてでしょう。
弁護士に依頼すると、自賠責基準や任意保険基準ではなく、裁判所基準での慰謝料の算出が行われます。
これが、慰謝料を得る中で最も高額となる基準です。
一度示談が成立すると、その後になって内容を覆すのは非常に困難であるため、少しでも納得いく形で終わらせたいのであれば、弁護士を雇うのが望ましいと言えます。

また、示談交渉や慰謝料などの他にも、加害者側とのやりとりをするという精神的な不安も軽減できます。
相手の保険会社は被害者に対して非協力的な場合が少なからずあるため、連絡を取り合うだけでも億劫に感じられる事があります。
そういった様々な問題点を排除できる意味でも、弁護士のご利用を視野にいれてみるのも良いでしょう。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A