交通事故加害者からの見舞金を受け取る際の注意点

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

交通事故加害者からの見舞金を受け取ると示談に影響はある?

4

【質問】
原付バイクを運転中に、後方からノーブレーキで車に追突される交通事故に遭い、胸椎圧迫骨折で1ヵ月の入院予定です。
加害者の居眠り運転が原因でした。

事故後1週間頃、任意保険の方から勧められたらしく加害者の方が病院へお見舞いに来て、そのとき「お見舞金として100万円を渡したい」と言われました。
かなり高額なので驚いてしまい、その場では判断がつかなかったので、改めて連絡すると答えて帰ってもらいました。

入院生活は何かと物入りなので現金を受け取ることができればありがたいのですが、お見舞金が今後の示談に影響するのかどうかが気になります。
受け取っても問題はないのでしょうか?

【回答】
見舞金を提示された際に考えなければならないのは、「その金額を損害賠償金に含めるのか否か」という点です。
交通事故の見舞金は、「当座の治療代として・・・」といった言葉とともに2万円程度を渡すケースが多いようです。

一般的には2万円といった社会的儀礼の範囲内である金額であれば、「謝罪としての見舞金であって、交通事故の損害賠償額から控除されるものではない」と受け取る方が多いのではないかと思います。
しかし、人の考え方、受け取り方はそれぞれです。
数万円程度の見舞金が、「損害賠償金の内払として総額から控除」とされた判例も見られます。

また保険会社は、あくまでビジネスとして冷静に処理を進めます。
事前に見舞金を渡したとなれば、当事者の心情とは関係なく「損害賠償金から控除」として処理することでしょう。
後々になってもめることが無いように、数万円の見舞金であっても受け取る場合には「損害賠償金とは別である」という趣旨の書面を作成しておくことをおすすめします。
こちらの質問の場合には100万円という金額ですから、当然、損害賠償の内払いと思っておくのが賢明で、やはり書面を用意したほうがいいと考えられます。

保険会社と損害賠償金額の示談で揉める場合、示談成立前には治療費以外の損害を支払わないのが一般的です。
そんなときに見舞金を受け取ることで当座の現金ができ、これは見舞金受け取りのメリットと言えます。

一方でデメリットもあります。
加害者の刑事処分を決める際に「見舞金を受け取った」という事実が「加害者の誠意を示すもの」とみなされ、起訴や量刑が軽くなる可能性があります。
より厳しい処分を望むのであれば、刑事処分決定前の見舞金の受け取りは辞退した方がよいと言えます。

交通事故での見舞金の受け取りは、これらのメリット・デメリットを踏まえたうえで判断し、基本的には損害賠償金の一部と考えること、損害賠償金と別とする場合には、少額でも書面を作成したうえで受け取ることがポイントです。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A