相談から2週間強で示談が成立し、提示額の2倍近くの補償を獲得できた事例

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

解決事例のご紹介

相談から2週間強で示談が成立し、提示額の2倍近くの補償を獲得できた事例

事例提供:たくみ法律事務所

【事例】

【相談者】 女性(40代) / 糟屋郡在住 / 職業:主婦
【傷病名】 腰部打撲、左下肢打撲等
【後遺障害等級】 なし
【活動のポイント】 速やかな請求と強気の交渉
【サポート結果】 裁判基準での休業損害・慰謝料の支払い
主な損害項目 サポート前 サポート後
休業損害 14万円 27万円
傷害慰謝料 45万円 89万円
最終支払額 60万円 116万円

1.相談・依頼のきっかけ
40代の糟屋郡在住の女性が進行方向の右側の歩道を歩行中、左後ろより向かってきた車と衝突するという交通事故に遭いました。
女性は、左半身に車輪が接触し、倒れた際に腰部打撲、左下肢打撲等の怪我を負いました。
ご相談時には、相手方の保険会社から示談額の提示があったという状況でした。
提示の金額には休業損害の部分に「主婦休損」の基準があり、裁判基準ではどのようになるのかを知りたいということでご来所されました。

2.当事務所の活動
ご来所された当日に、裁判基準で計算しなおし、請求書兼受任通知として相手方へ損害賠償額の提示をしました。

3.当事務所が関与した結果
相談から一ヶ月経たず、傷害慰謝料について、裁判基準で支払いを受けることができました。
最初の提示では、自賠責基準という最低基準での算定となっており、適正な額に比して相当小額でした。ですので、依頼者の家族構成や、依頼者が家事に占める重要性、症状等を説明し、適正と言える休業損害を獲得することができました。
また、傷害慰謝料についても、裁判基準どおりの額を認めさせることができました。

【弁護士からのアドバイス】
記事提供者:たくみ法律事務所

受任通知の発出から示談の合意まで16日間で解決に至りました。
訴訟になった場合のリスクを速やかに検証し、相手方に訴訟も辞さない態度で臨んだところ、スムーズに高額の支払いを受けることができました。

ご相談フォームはこちら

HOME解決事例のご紹介