70代女性の死亡事故。約2000万円の賠償額が半年で約4000万円に増額した事例

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

解決事例のご紹介

70代女性の死亡事故。約2000万円の賠償額が半年で約4000万円に増額した事例

事例提供:吉田泰郎法律事務所

【事例】
被害者は、70歳代の女性でした。
近所の山の中で、日課の散歩をしていたところを、背後から接近した大型乗用車に追突されて死亡しました。
被害者の遺族は、大変紳士的な方々であり、保険会社が、きちんとした金額を示してくれさえすれば、それほどやかましいこともいわずに示談をしようと考えていた、ということでした。
そのことを保険会社に告げていたのですが、保険会社が出してきた示談案は
「2000万円」
というものでした。
遺族の方々は、2000万円という金額が妥当なものなのかどうか、自分たちだけではわからないため、弁護士にご相談にこられました。
弁護士は、保険会社が出してきた示談書を見てすぐに、
「ああ、これは、大変に値切った示談書だな」
ということが、わかりました。
まず、「死亡慰謝料」の欄をみると、
「1000万円」
という金額になっていました。
死亡事故の場合には、最低限でも死亡慰謝料の金額は2000万円でなければなりません。
そういう点もふくめて考えると、今回の事故の場合には、損害賠償の金額として妥当であるのは、4000万円くらいであろうかと考えられました。
保険会社の提案は、弁護士が交渉の基準とする金額の半分くらいでしかなかったのです。
この事実を知って、紳士的であった被害者の遺族の方々もさすがに怒りました。
「あれほど、きちんとした金額を提示してほしいと言ったのに、保険会社は死亡事故を軽く見ているのではないか」
ということで、弁護士にぜひ裁判をしてくださいときっちりと希望されました。
保険会社は、不誠実な示談の提案をしてしまったために遺族を怒らせる、という失敗をしてしまったのです。
この事件は、裁判を起こしてから半年後に裁判所のすすめで裁判上の和解となりました。
和解の金額は4000万円ということで、弁護士の読みどおりでした。


【弁護士からのアドバイス】
記事提供者:吉田泰郎法律事務所

保険会社が最初に出してくる示談の提案は、どうしても裁判のときの基準金額と比較すると、少ないという印象です。
示談の提案が出されたら、めんどうかもしれませんが弁護士に一度無料相談をすることをおすすめします。
一度無料相談をしたことによって、示談の金額が2倍くらいになる例は非常に多いという印象です。

ご相談フォームはこちら

HOME解決事例のご紹介