40代男性が14級9号の後遺障害等級を受け、465万円の賠償金を獲得した事例

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 アディーレ法律事務所の業務停止でお困りの方へ 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

解決事例のご紹介

40代男性が14級9号の後遺障害等級を受け、465万円の賠償金を獲得した事例

事例提供:ふくい総合法律事務所

【事例】
被害者:男性(40代)
職業:会社員

■当事務所のサポートを受けた結果
賠償項目    最終的な獲得金額
休業損害    187万円
傷害慰謝料   106万円
後遺症による
逸失利益    62万円
後遺症慰謝料  110万円
合計額     465万円
※主な賠償項目のみ

1.事故の態様
被害者が自動車で運転中、加害車両がスピードオーバーでセンターラインをはみ出して走行し、被害者車両に衝突してきたというものでした。
相手方のセンターラインオーバーの事故でしたので、過失割合については、100:0で問題ありませんでした。

2.後遺症について
当事務所に相談に来ていただいた理由が、「保険会社から治療の打ち切りを打診されたが、頚の痛みが残っているがどうしたらよいか?」というものでした。
当事務所では、被害者の治療状況や症状を確認の上、必要な医証を揃え、被害者請求を行いました。
結果、頚椎捻挫の症状について、「局部に神経症状を残すもの」として、14級9号の後遺障害が認定されました。

3.検討
当事務所で相談に来ていただいた段階で、後遺症の等級認定手続が必要な事例であったため、綿密な調査を行ない、被害者請求を行うことになりました。結果、無事に14級9号が認定されてホッしました。
その後、当事務所で、裁判基準による損害賠償金の算定を行ない、相手方保険会社に損害賠償金の請求を行いました。
  
【弁護士からのアドバイス】
記事提供者:ふくい総合法律事務所

被害者の方が会社員であることから、保険会社との交渉においても、損害額の算定方法に関する争点が特に無かったこともあり、裁判に至ることなく、ほとんど裁判基準に近い内容での示談が成立しました。
本件においては、後遺症の等級認定前に弁護士に相談に来ていただいたおかげで、適切に後遺症認定の等級認定手続を行うことができたことが、適切な賠償金を獲得することに繋がりました。

ご相談フォームはこちら

HOME解決事例のご紹介