被害者の過失6割→被害者の過失3割、交差点での出会い頭事故。死亡事故(吉田法律事務所)

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

解決事例のご紹介

被害者の過失6割→被害者の過失3割。交差点での出会い頭事故。死亡事故。

事例提供:吉田泰郎法律事務所

【事例】
被害者は中学生の女子でした。中学校に登校中の事故でした。被害者の女子は、自宅の近所の交差点を自転車で横断中、自分の左方向から走行してきたダンプカーと衝突し、死亡しました。出会い頭の事故でした。

現場の交差点は、付近に民家や倉庫が多くたっており、見通しの悪い交差点でした。また、ダンプカーの走ってきた道路は、工業地帯に原料、材料を輸送するために大きなダンプカーが多く走っている道路でした。
「この道路は、こわい…」
多くの交通事故を見てきた私は、住宅街のすぐ近くに、こんな工業用の道路があり、危険なダンプカーが走っていること自体に、疑問を感じました。
この土地の付近の、中学生、高校生は、こんな危険な道路を横切って、通学しなければならないのです。毎日、危険に直面していることになります。
道路行政を考え直してもらいたいと思いました。

さて、この事件では、過失割合が問題となりました。
加害者は、この事故で
「被害者に6割の過失がある」
ということを主張しました。
じつは、加害者の対面信号は「青色」でした。それを根拠としての主張と思われます。

しかし、弁護士は、「青色」信号だからといってあきらめず、丁寧に事故の発生した状況を検討しました。
その結果、この交差点は特殊な交差点であり、「信号はあるけれども、その信号は道路の優先関係を決めない」というルールの交差点でした。
つまり、法律的には、加害者は、この交差点では、「青色」信号であっても、交差点を優先的に通ることはできないのでした。
したがって、加害者は「青色」信号だったからといって、被害者に6割の過失がある、などという主張はできないことになります。

この事件は、死亡事故ということもあり、被害者の感情も強かったため、被害者側から裁判を起こしました。
その結果、裁判所は「被害者の過失は3割」だという判断を出しました。
加害者の主張するような「被害者に6割の過失がある」という主張は、裁判所は許さなかったのです。

【弁護士からのアドバイス】
記事提供者:吉田泰郎法律事務所

死亡事故のような重大な事故では、過失が1割異なるだけで、賠償金額に大きな違いが発生してきます。
表面的にみれば、加害者側が「青信号だった」というケースであっても、弁護士が厳重に検討していけば、違った結論が出てくる可能性もあります。

死亡事故や重度障害が残ったケースでは、ぜひ、弁護士に過失割合もふくめて相談してください。

ご相談フォームはこちら

HOME解決事例のご紹介