原因は脳の勘違い?脊髄損傷の独特の痛みとは?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

脊髄損傷

脊髄損傷の独特の痛みとはどんなもの?原因は何?

脊髄3

完全脊髄損傷の患者は、損傷個所により「首から下」や「腰から下」の部位に麻痺が起こります。
脊髄損傷により麻痺している個所は、触っても触られている感覚がないことが多くあります。

そのため、「触っていても分からないし、痛みも感じないんでしょ?」と言われる方が多いのですが、脊髄損傷独特の痛痒に悩まされる患者も決して少なくありません。
日常的に脊髄損傷患者の介護をしている家族ですら、患者が痛みを訴えていることが理解できないことから、患者に心無い言葉をかけてしまうケースがあります。

脊髄損傷独特の痛痒や脊髄損傷で多くみられる痛みを良く知っておくことで、脊髄損傷をより理解できると思います。

脊髄損傷による痛みは神経信号のエラーが大きな原因

皮膚で感じた痛みや冷たいなどの感覚は、神経を電気信号という形で伝わり、脳が受け取って初めて「痛い」「冷たい」と感じます。

脊髄損傷では、その電気信号の通り道の神経が切れているのですから、痛みや冷たさなどを感じないというのは、医学的に正しいです。
しかし、人間の身体は機械のようにON・OFFと神経を簡単に切り替えられるものではありません。

一例を言うと、交通事故などで足を切断した患者の中には、切断した後も足の感覚があり、切断して足は無いにも関わらず「足の甲が痛い。ふくらはぎがしびれる」といった痛痒を訴えることが多いです。
これは「ファントムレッグ」と言われる症状で、脳の勘違いが引き起こした幻の痛みだとされています。

脳の勘違いは脊髄損傷でも起きるのがわかっており、本来ならば感じることがない麻痺している個所に痛みや不快感をおぼえることがあります。
よくあるのが、指先に針で刺すような痛みを感じたり、腱を打ち据えたわけでもないのに鈍痛が起こったりということがあります。

また、脊髄損傷により自律神経が乱れ、低血圧や高血圧を引き起こします。
低血圧の場合の症状は、めまいや立ちくらみといったことが多いのですが、低血圧による内臓の酸欠により胸や腹部に痛みを訴えることがあります。

高血圧の場合、様々な箇所で痛みを引き起こします。
片頭痛は「血管拡張型頭痛」、つまり頭部の血管の血圧が上昇することにより引き起こされるのですが、原因をたどると脊髄損傷であることがあります。

特に不完全脊髄損傷の患者に脊髄損傷独特の痛痒が発生すると、痛覚が麻痺していない分、激しい痛みと感じることがあります。
こういった痛みにはロキソニンやイブプロフェンなどの鎮痛剤が効くことがありますが、効きが悪い・全く効果がないといった場合もありますので、医師と相談の上治療をした方が良いでしょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME脊髄損傷