遷延性意識障害で高額の示談金が支払われるケース

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

遷延性意識障害

遷延性意識障害の示談金交渉において参考になる高額の判例

遷延性意識障害1

交通事故で遷延性意識障害となったとき、保険会社から示談金額の説明をされても、それが妥当なのかどうか判断するのは難しいものです。
交渉方法として、裁判をした場合の損害賠償請求を前提とすることで示談金を増額できるケースがあります。
ここでは交渉の参考となりうる、3億円以上の高額な損害賠償金を認めた判例を紹介します。

まずは、被害者が将来有望な若者であったことが考慮され、逸失利益や付添看護費が高額となった事例です。
●平成19年 大阪地方裁判所における判例
被 害 者>高校3年生の女性
被害態様>遷延性意識障害、脳挫傷(後遺障害等級1級3号)
事故態様>信号点滅状態の交差点で、自動車と自動車が衝突
総損害額>3億2975万9084円
(将来付添看護費1億977万5575円、逸失利益7625万1948円、
 傷害慰謝料700万円、後遺障害慰謝料2800万円、
 両親固有の慰謝料各400万円)

●平成23年 名古屋地方裁判所における判例
被 害 者>20歳の男性(大学生)
被害態様>急性硬膜下血腫、遷延性意識障害および四肢体幹運動障害など
事故態様>被害者がふざけてボンネット上に伏臥している状態で、車両を発進させ、ボンネット上から転落
総損害額>3億7829万1792円
(将来付添看護費1億5903万8917円、逸失利益1億1455万8209円)

有利な交渉のためには弁護士に依頼

30代の方でも、3億円以上という高額な賠償請求が認められ、示談金が支払われたケースがあります。

●平成18年 千葉地方裁判所における判例
被 害 者>37歳の男性(郵便局アルバイト)
被害態様>四肢麻痺、四肢関節拘縮、遷延性意識障害(後遺障害等級1級3号)
事故態様>路上駐車車両を追い越そうとした際、対向車線上に立っていた歩行者と衝突
総損害額>3億2392万9539円 
(将来付添看護費1億3441万1340円、逸失利益7244万1811円)

この損害賠償額から、過失割合による控除、弁護士費用や自賠責、任意保険の既払い控除などが差し引かれるわけですが、それでもより多くの損害賠償金を確保できるという先例となります。
これらの損害賠償請求は、裁判を通して判決がなされたものであり、最低限の補償制度である自賠責基準や、保険会社が支払う任意保険基準ではとうてい望めない金額です。

遷延性意識障害の介護ではかかる費用が多く、高額の資金を準備できるに越したことはありません。
そのためには、先述のような裁判所基準の損害賠償金を例に示談金の交渉できる専門の弁護士に依頼する必要があります。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME遷延性意識障害