脊髄損傷の症状により異なる後遺障害等級について

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

脊髄損傷

脊髄損傷で後遺障害等級が認定された場合の慰謝料は?

脊髄損傷1

交通事故のように強い衝撃がかかるトラブルでは、運転手や同乗者に強い負荷がかかり、脊柱に外力が加わる事も珍しくありません。
もし、脊柱に力が加わり、脊髄が損傷してしまった場合、それは脊髄損傷と診断される事があります。

脊髄のような中枢神経は、その他の末梢神経と違い、損傷すると自然に再生されたり、修復したりする事はなく、現代の医学において回復させる確実な方法は発見されていません。
脊髄損傷は重篤な後遺症を残す例も珍しくなく、後遺障害等級を認定される事が多くあります。
後遺障害等級は症状の度合いによるものの、重度となればより高い等級が認められ、それに応じて慰謝料の額も増額していく傾向があります。

例えば、高い等級である1級1号では、脊髄損傷の症状として高度の四肢麻痺あるいは両足の麻痺、中度の四肢麻痺によって食事や入浴が難しく常時介護が必要とされる状態、また、中度の両足の麻痺により、食事や入浴が難しく、これもまた介護が必要である場合に、認められる可能性があります。
対して低い等級である12級13号の場合、軽微な麻痺を感じる場合に、後遺障害として認定される事があるのです。

これらのように、症状に応じて等級が振り分けられており、被害者が感じている症状は、正確に医師へと伝える事が大切です。

脊髄損傷の後遺障害等級における慰謝料の相場

脊髄損傷での後遺障害等級の段階が上であればあるほど、加害者側に請求できる慰謝料は高額なものとなります。
実際の判例を参考にして相場をあげるのであれば、両足の麻痺で介護が必要な場合の1級となった場合、後遺障害慰謝料の相場は約2,900万円です。
また、脊髄損傷による両下肢不全麻痺などの症状で3級と認定された場合、慰謝料の相場は約1,900万円となっています。
このように、後遺障害等級がたった2つ変わるだけでも、後遺障害における慰謝料の金額は1,000万円も上下します。

被害者としては、お金で全てが済まされる問題ではないと考えるはずですが、だからこそ、正当な慰謝料を請求する事がとても大切だと言えます。

そして重要なのは、適正な慰謝料をもらう事です。
ご自身で正当に主張していたとしても、加害者側との交渉がこじれる可能性が考えられます。
そこで、正当な主張をし、適正な慰謝料を受け取るためにも、交通事故に強い弁護士を雇う事も視野に入れておくと良いでしょう。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME脊髄損傷