交通事故に遭ったらすぐに弁護士に依頼すべき理由とは

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故直後の早々に弁護士へ依頼はできますか?


【福岡県福岡市の方からのご質問】
つい1週間前、福岡市内で信号待ちによる停車中に、後ろから追突される交通事故に遭いました。
相手が大型トラックであったのとブレーキが遅れたため、私が乗っていた自動車は大破して、私も福岡市内の救急病院に搬送されてそのまま入院となりました。
交通事故直後に家族や親類が見舞いに来てくれたのですが、父の兄にあたる伯父も見舞いに来てくれました。
伯父は福岡市内で会社を経営しているのですが、交通事故の状況を聞いた後に弁護士を雇うように勧めてきました。

その時は交通事故に遭ってまだ3日目で、交通事故を起こした相手と話もできていませんでしたし、相手の保険会社と話をしただけでした。
「まだ問題も起きてないのに、弁護士を雇うというのは大げさだ」と伯父には言ったのですが、「早い段階で弁護士に頼んでおいた方がいい。福岡市に懇意にしている弁護士がいるから頼んでやる」と言われ大変困りました。
しかし、あとになって交通事故の示談はもめごとが多いと聞くので早めに頼んだ方がいいかとも思い始めてきました。
実際、交通事故からすぐに弁護士に依頼することはできるのでしょうか?

【弁護士からのアドバイス】
交通事故で弁護士へ相談に来られる方のほとんどが、加害者や加害者側の保険会社ともめごとが起こってから来られるので、交通事故直後から依頼される方は稀有と言えます。
しかしながら、交通事故の示談の場合には弁護士が早期に介入すればするほど有利となります。

早期から弁護士が交通事故に介入することにより、加害者や加害者側の保険会社との交渉を任せることが出来るため、交通事故に遭われた依頼者のゆとりができる上に、相手方へのけん制になります。
また、当初から弁護士が交渉することにより、法的な不備が起きにくく、もめごとの発生率も減らすことが出来ます。
大きな利点としては被害者個人が加害者や加害者側の保険会社と交渉した場合には、損害賠償金が低めにされてしまいますが、弁護士は裁判基準で高額の損害賠償請求を行うため、手元に入る金額が大きくなります。

弁護士の多くは成功報酬制となるため、早期に頼んでも示談目前で頼んでも費用的には大きく変わらないことが多いです。
そのため、弁護士に依頼をするのならば早期であればあるほど、得ということになります。
特に、交通事故で自分に過失がなく自動車保険に弁護士費用特約が付いている場合には、弁護士の雇用費用は保険会社が支払ってくれることが多く、費用の上限も300万円前後のことが多いため、自己負担額はないか、あったとしても大幅に減らすことが出来ます。

おおむね質問者様の伯父様のアドバイスは的を射ていますが、一つだけアドバイスしますと、医者と同じく弁護士も専門分野が分かれています。
伯父様が懇意な弁護士が交通事故に得意な弁護士とは限らないため、交通事故に特化した弁護士に依頼する方が無難でしょう。

HOME運営弁護士たくみ法律事務所交通事故直後の早々に弁護士へ依頼はできますか?