死亡事故の現地調査での注意点、準備物について

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

死亡事故

死亡事故で遺族が現地調査する場合の心得とはどんなもの?

死亡事故2

死亡事故において、加害者の主張と警察の検分、被害者家族の考えのそれぞれが違うことがあります。
加害者は自分の有利な主張をしますし、警察も死亡事故の場合は被害者が亡くなっているため、目撃者がいなかったり防犯カメラなどの映像記録がなかったりする場合には、加害者の証言を重きにおいて検分を行うこともあります。

そのため、死亡事故の遺族が「夫は慎重な性格で、スピード違反をしない」「娘は真面目で、横断歩道以外の場所を横断していたなんて考えられない」と主張しても、取り合ってもらえないといったケースもあります。

こういった場合には、遺族が死亡事故の現地調査を行おうと考えられることもあるのですが、「素人が現地調査するよりも、交通事故鑑定人のようなプロに頼んだ方が良いのか?」とためらわれるケースも多々あります。

しかし、死亡事故の現場調査を行いたいと思っているのならば、交通事故鑑定人といったプロに頼む前に、遺族自身が調査した方が良いと言えます。
なぜならば、交通事故現場は道路であることがほとんどであるため、自動車の往来などでどんどん死亡事故の痕跡が消えていくからです。

現地調査する際の用意と心構え

現地調査のために用意するべきものは、
・カメラ・ビデオ録画機・録音機
カメラは必需品ですが、ビデオ録画機などの動画が撮れるものがある方が、信号が変わるタイミングや間隔、交通事故時の自動車の交通量などが把握しやすいため、両方揃えておく方が良い。
録音機は現地で目撃者が見つかった場合に、証言を録音するのに利用できる。
・メジャー・タバコの箱・小銭
メジャーは現地調査での必需品と言えます。
タバコの箱や小銭は、小型の証拠を発見した際に大きさの比較対象物として使います。
・ホワイトボード
写真を撮影する際に「○月○日×時×分 △△交差点を南から北に覗く」という風に書いたホワイトボードを、写真の一部に入るように撮影しておくと、後で整理をする時に楽です。
・軍手・密封できるナイロン袋
警察の検分の後のため確率は低いが、万が一証拠となりそうな品が見つかった場合には、なるべく素手で触らないようにして、チャック付のナイロン袋に入れて保管しましょう。

現地調査での注意点
・現地調査をする際には、第三者に立ち会ってもらうのがベスト
・死亡事故の現場は公道もしくは個人の私有地の可能性もあるので、他の自動車や人の往来の邪魔にならないようにする
・警察のように捜査権があるわけではないので、通行人や近隣住人への聞き取りに配慮する
・死亡事故の現場付近で防犯カメラを見つけた場合、所有者に画像見せてもらえるように頼んでも、個人情報の観点から断られることもあるので、その場合には無理強いせずに、死亡事故の調査をしている警察に防犯カメラの事を告げて、警察の方で調査してもらえるようにお願いする
・有力な目撃者が見つかった場合には、必ず名前と連絡先を聞いておくこと
などがあります。

ご相談はこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME死亡事故