お亡くなりになった事故により7200万円を取得した事例

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 全国交通事故弁護団 公式ブログ 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

解決事例のご紹介

お亡くなりになった事故により7200万円を取得した事例

事例提供:よつば総合法律事務所

【事例】
本件は、被害者の方が横断歩道を自転車で走行中、右折してきた自動車に衝突された事案です。被害者の方の対面信号は当然青でした。被害者の方は、救急搬送されましたが多発外傷により亡くなりました。
当事務所がご遺族からの強いお気持ちを代理して、加害者に対し早急に訴訟を提起しました。
裁判では、既払金を除き7200万円を遺族が受領するとの内容で和解することができました。また、和解のポイントとして、遺族の方の強い希望であった、加害者からの直接の謝罪を得ることができました。
 
【弁護士からのアドバイス】
記事提供者:よつば総合法律事務所

■裁判所を粘り強く説得して慰謝料増額
上述のように、本件は被害者の方には何の落ち度もない大変痛ましい事案でした。
ご遺族の意向を受けて、早急に訴訟を提起して、裁判所で相手の非を主張することを選択しました。
訴訟を提起し、審理が一定程度進行したところで裁判所から、7000万円の賠償金を受領するとの内容で和解してはどうかとの提案がありました。
裁判所からの和解案は、判決の内容をある程度予見させるものであるため、裁判所和解案のとおりに和解をする場合も一定程度あると思います。この件は、被害者側の慰謝料をどのように算定するかが相手方と争いになっていました。
ご遺族のご希望もあり、本件では、被害者側の慰謝料の算定についてさらに主張を継続し、裁判所を粘り強く説得しました。

結果として当初の裁判所和解案から200万円上乗せした7200万円の賠償金を受領するとの内容で和解することができました。裁判所からの和解案が提示された場合であっても、粘り良く交渉を続けることにより裁判所和解案以上の金額で和解をすることが可能な事案もあります。あきらめない姿勢が何よりも大切です。

■謝罪文言
もう一つこの事件のポイントとしては、謝罪の文言を和解に盛り込むように腐心したことがあります。ご遺族としては、加害者の事故後の対応についても不信感があったことから裁判上の和解をするにあたって、謝罪の文言を盛り込むことを要請しました。しかし、相手方は当初謝罪の文言を盛り込むことには難色を示していました。
民事裁判で仮に判決が出たとすれば謝罪を盛り込むことは困難です。

当事務所では、裁判所と相手方を何度も説得し、最終的には「陳謝する」旨の文言が付加された和解をすることができました。しかも文言も「遺憾」の意を示すと言ったものではなく、謝罪をしてもらうことが出来たので、ご遺族にも何とか納得していただくことが出来ました。

ご相談フォームはこちら

HOME解決事例のご紹介