車同士の当たっていない事故でも保険金は請求できる?

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

交通事故に関するQ&A

車同士が当たっていない事故、相手方に保険金の請求ができますか?

2

【質問】
片側1車線の車道を走行中、センターラインを大きくオーバーした対向車が突っ込んできました。
対向車を避けるためハンドルを左に切ったところ、対向車を避けることはできましたがスリップしてしまい、ガードレールに突っ込む事故を起こしてしまいました。

交通事故の現場検証の警察には、「対向車がセンターラインをオーバーしてきたので、避けるために事故になりました。」と証言済みで、幸いなことに自分の自動車にドライブレコーダーがあったので、その映像も警察に提出しました。

翌日、センターラインをオーバーした自動車が判明し、運転手が警察に呼ばれたのですが、「自動車自体には当たっていない。相手が勝手に事故を起こしただけで、自分は悪くない。」
と言っていると知り、大変腹立たしく思いました。
対物や人身傷害などの保険には加入していますが、自動車同士は当たっていませんが、もとはと言えば相手方の無茶な運転が原因の事故ですから、相手に保険金の請求をしたいと思っています。

相手方が言うように自動車同士が当たっていない事故では、相手方に保険金の請求はできないのでしょうか?
また、自損事故扱いとなってしまうのでしょうか?

【回答】
無病な運転をする自動車を避けてのもらい事故ですが、本当に御気の毒としか言いようがありません。

通常、対向車などの無謀な運転を避けるために事故にあった際には、「相手は当たっていないことを幸いに逃げてしまう」「当たっていないので、自動車などに事故の痕跡がないため、言い逃れの嘘を並べ立てる」と言ったことが横行していました。
警察も決定的な証拠がない場合には、「ハンドル操作を誤っての自損事故」として処理してしまうことがあります。

しかし、自動車同士の接触がなくても、事故原因が相手方の車にある場合には相手方に過失分の保険金の請求をすることができます。
今回は、ドライブレコーダーの映像と言うはっきりとした証拠があるため、自動車に当たった後がなかったとしても、相手方が言い逃れすることはできないと思います。

ですが、このように嘘の証言や自分の都合の良いように解釈するタイプの人間ですと、この先の保険金交渉が困難を極めるのは明白です。
話し合いを有利に進め、なにより相手方と直接話さずに済むように弁護士に交通事故の対応をお願いした方が良いかもしれません。

このような困った相手方に関しては、交通事故に加えて高い交渉力を持った弁護士に依頼した方が無難です。

ご相談フォームはこちら

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

HOME交通事故に関するQ&A