事故当時13歳の男性が、足の醜状痕で12級相当の後遺障害認定を受けた事例

無料相談 フォームはこちら
解決事例のご紹介 当弁護士団のシンポジウム 交通事故の法的基礎知識 当団体が力を入れている事案遷延性意識障害脊髄損傷死亡事故むちうち 運営者情報
弁護士団 サイドメニュー

事務局連絡先(全国対応)
TEL:0120-643-663
(受付時間 平日9時半~19時)
吉田泰郎法律事務所内

当弁護団を運営している弁護士事務所の詳細はこちら

全国交通事故弁護団 facebookページ 全国交通事故弁護団 Twitterアカウント

解決事例のご紹介

事故当時13歳の男性が、足の醜状痕で12級相当の後遺障害認定を受けた事例

事例提供:弁護士法人アルマ

【事例】 
事故の被害者は、県南地区に住む13歳の中学生男子でした(以下「Aさん」といいます)。
 
Aさんは、自宅から友人の家に行くために、自転車で出かけました。
 
友人の家に行くには、国道を横断する必要がありましたので、Aさんは信号が青になるのを待って、自転車横断帯を自転車に乗って、ゆっくりと渡り始めました。
 
そうすると、交差点を左折して国道に進入しようとした普通乗用車が、Aさんの存在に気がつかないまま左折し、Aさんを自転車ごと巻き込んで、事故を起こしました。
 
Aさんの傷は、大腿骨の骨折やすねの部分に傷を負いました。骨折の部分は完治し、足の動き等には異常はありませんでしたが、足の太ももの裏側やすねの部分に傷跡が残りました。
 
この傷跡のことを醜状障害あるいは醜状痕といいますが、これも後遺障害に該当する可能性があります。
 
足や腕に醜状痕が残った場合、全部で「てのひら」くらいの大きさの傷跡であれば14級、さらに広範(手のひらの大きさの3倍くらい)であれば12級が認定されます。
 
Aさんは、12級に認定されました。
 
加害者側保険会社から示談の提示があり、約240万円でした。12級の場合、自賠責は224万円でますので、自賠責に少し上乗せしただけの金額でした。
 
弊事務所が受任した後は、交渉ではまとまらず、裁判になりました。この裁判では、本人やご両親は一度も裁判に行く必要はありませんでした。最終的には、約550万円で解決しました。

【弁護士からのアドバイス】
記事提供者:弁護士法人アルマ

本件のポイントは、足の醜状障害でも将来の逸失利益が200万円程度認められたことです。
近時は、男性であっても女性と同様に部位が顔面であれば、逸失利益が一定程度認められるケースが増えましたが、本件は部位が足というのが通常とは違うところです。通常は、顔の傷であればともかく、足に傷があっても、将来の収入に影響はないと考えることが多いため、逸失利益はなかなか認められませんでした。
これが認められたことが金額を大きく引き上げました。

ご相談フォームはこちら

HOME解決事例のご紹介